大野山福光園寺 タイトル  アクセスマップ | お問い合わせ・ 法務申し込み | リンク
大野山福光園寺 HOME大野山福光園寺 概要大野山福光園寺 住職紹介大野山福光園寺 案内大野山福光園寺 年中行事
 大野山福光園寺 年中行事
 
  大野山福光園寺 年中行事
 
初護摩祈祷祭 1月3日
大野山の御本尊である不動明王と昆沙門天王の祭であり、住職による護摩焚きが行われ、参拝者は様々の願い事をします。
 

 檀徒総会 3月最終日曜
総代を始めとし、多くの檀家皆様の御出席により、今年度の活動内容や来年度に向けての話し合いがなされております。
当山をより良きものとするために、大変重要な行事となっております。
 

 春祭り祈願祭 4月第1日曜
1月と同じように護摩焚きが行われ、家内安全や五穀豊穣のお札を檀徒各位に配布します。戦後果樹が盛んになってからは、家内安全や果樹豊穣のお札に代わっています。
 

 お盆による棚経 8月14日より
お盆の由来は、諸説によれば、釈迦の弟子目連が、死んで地獄に落ちた母を救うために、釈迦の教えに従って7月15日に10万の僧侶に食物を施して、供養したことにちなんだ行事といわれています。
一方、日本人は昔からお盆には、先祖の霊が帰ると信じております。お盆の期間は8月13日から16日(あるいは15日)で、この間に帰ってくる先祖の霊を供養するといわれています。当山でも、県内を中心とし、各家庭を訪問させていただいております。
 

 施餓鬼祭 10月第3日曜
施餓鬼とは餓鬼に施すことを意味として、六道(天上道、修羅道、人間道、畜生道、餓鬼道、地獄道)輪廻の世界の中でも、死後に特に餓鬼道に堕ちた霊のために食べ物を布施し、その霊を供養する儀礼を指しています。
当山では、各お墓に遺族一同が集まり、僧侶が各お墓の前で読経をさせていただいております。
 

 除夜の鐘突き祭 12月31日
新年の幕明け1時間前に当山に集まり、本堂にて住職を中心による読経があり、去り行く年に感謝し、新年の幸を願います。庭に火を焚き体を暖めながら酒や甘酒の振る舞いなどを受けるができます。新年の明けを期して、住職を先頭に各自願いを込めた鐘をつきます。吉祥天女、持国天や多聞天の宝物が国の重要文化財に指定された8年前頃より、おかげさまで訪れる方が遠方からも年を追って多くなってきております。
 
 Copyright (c) 2011 FUKKOONJI All Rights Reserved.
山梨県笛吹市御坂町大野寺2027
055-263-4395